相撲部屋と親方・関取紹介

相撲部屋は大相撲で相撲を取る力士が寝泊まりしている所謂、学生寮のような施設のことをいいます。相撲部屋では、力士の他にも直接部屋を運営し、力士を指導している師匠や、その家内のおかみさん、さらには行司、呼び出し、床山などの裏方と呼ばれてい ...

相撲を楽しむ

まず、大相撲は本場所の成績を基準にして力士や行事・呼出・床山などの裏方と呼ばれる人たちも含めて番付や階級の昇降を決めており、この本場所は1・5・9月に東京、3月に大阪、7月に名古屋、11月に福岡で15日ずつ開催されています。その近くに ...

相撲界のしきたり

まず、相撲部屋とは何かといいますと、お相撲さんと呼ばれている力士たちが生活する居住施設のことをいいます。野球などのスポーツ名門高校や大学にある寮をイメージしてすればよいかと思います。なので、力士になりたい人は必ず実家を離れて、この相撲 ...

相撲を楽しむ

大相撲の本場所は奇数月に開催され、このうち1・5・9月の3回は東京の両国国技館、3月は大阪府立体育会館、7月は愛知県体育館、11月は福岡国際センターを舞台に開かれています。いずれも15日間が開催時期となっているので開催月の半分は相撲フ ...

相撲を楽しむ

私が相撲ファンになったのは平成16年春場所で、それから、ほぼ13年が経ちます。この間、ずっとファンであり続けることができたのは相撲に関して複数の観点から観戦したり、調べたりすることが好きだからです。

相撲を見始めた当時は横 ...

相撲を楽しむ

相撲ファン歴13年の私にとって現役で活躍している琴勇輝関を楽しみにして相撲を観戦している時期がありました。

まず、琴勇輝関はどんなお相撲さんであるかといいますと、出身は香川県の小豆島で平成3年生まれの25歳です。ちなみに出 ...

相撲界のしきたり

実際に相撲が行われるのは年6回の本場所と地方巡業の2パターンあり、このうち両国国技館では、1月(初場所)、5月(夏場所)、9月(秋場所)の年3回開催されております。残りは大阪(3月)・名古屋(7月)・福岡(11月)なので、奇数月に本場 ...