相撲界のしきたり

日本相撲協会とはどのような組織か

2か月に1回、奇数月に必ず開催される大相撲の興行を取り仕切っている組織が日本相撲協会という組織で、主に現役を引退した力士の一部によって構成されています。ちなみに英語では「Japan Sumo Assoc ...

相撲界のしきたり

両国国技館などで行われる相撲の取り組みには主に2種類の試合方式があります。

まず、年6回行われている本場所では1日1番だけ相撲を取る代わりに15日間かけて行われる方式で取り組みが行われます。幕下以下の取的では概ね2日に1番 ...

相撲界のしきたり

十両から1人前のお相撲さんと見なされる

1場所で数人しか枠が開かない十両に昇進すると、ようやく1人前としての扱いを受けることになり、この番付から月100万円を超す給料が支給されます。また、1人前になった証として紋付の羽織が師匠や後援会な ...

相撲界のしきたり

親方になるためには

十両以上の関取まで昇進して活躍した力士が引退した後の進路の1つとして親方として日本相撲協会の職員になるという方法があります。ただし、それには年寄名跡を取らなければならず、それにはある条件があります。それは日本国籍を持 ...

相撲界のしきたり

プロの大相撲は伝統的要素に基づいている

相撲は小学生が出るわんぱく相撲大会や国体等の競技の一種で行われているタイプのものと、日本相撲協会が開催しているタイプのものがあり、前者はアマチュア、後者はプロの相撲と明確に区別されています。それは ...

相撲界のしきたり

十両以上の関取まで昇進した力士が引退した後の進路としては、そのまま親方になるケースもありますが、これは年寄名跡を取得したものだけがなる職種で、現役時代に一定の好成績を収めないと取れない仕組みである上、定員もあり、100数人程度です。そ ...

相撲界のしきたり

一般的に世話人というとある団体のリーダー的な存在になって、主に会計などの事務を担当する人の事を指しますが、大相撲にも世話人という職業がありますが、これとは役割が少し異なります。具体的にどのような仕事を熟しているかといいますと、年6場所 ...

相撲界のしきたり

まず、力士はプロスポーツ選手である

力士はプロスポーツ選手の1つであり、頑張って関取と言われる十両以上まで昇進すると一気に月100万以上の給料が得られたり、成績に応じて支給額が上がる仕組みがあったりするので、1億円プレイヤーも夢ではあり ...

相撲界のしきたり

まず、天覧相撲とは天皇陛下が観戦された際に行われる本場所の相撲のことをいい、皇后陛下や皇太子殿下が観戦する相撲は天覧相撲ではありませんが、台覧相撲といいます。最近では、1月場所が対象になることが多く、ここ2年間は初日で幕内後半の取り組 ...

相撲界のしきたり

そもそも横綱とは、どのような意味があるのか

まず、大相撲の世界で最高位の番付が横綱です。一般的にもチャンピオンやナンバーワンという意味でも使われることがあります。プロを志す力士たちが目指す先は、この横綱ということになりますが、これまでに ...