相撲を楽しむ

今年の初場所で遂に田子の浦部屋に所属している第72代横綱稀勢の里関が初優勝を果たし、19年ぶりの日本出身横綱が誕生したこともあり、相撲界の人気は鰻上りとなっています。春場所のチケットは完売状態となるなど、新横綱に対する期待は大きいのが ...

相撲を楽しむ

現在の幕内では昭和61年生まれが最多で、早生まれを入れると10人に

現在、幕内で最年長を務めているのは尾車部屋に所属している豪風関で、昭和54年生まれなので今年38歳になります。一方、最年少は今年の初場所に新入幕を果たし貴乃花部屋に所属 ...

相撲を楽しむ

国際化が進んだ大相撲

相撲は、古くは奈良時代から伝統的に行われている日本の神事であり、スポーツの1つとして知られており、日本の国技としても有名ではあるものの、平成に入って30年弱で急激に変化を遂げて、今や日本人の活躍が珍しがられたり、生 ...

相撲を楽しむ

相撲観戦方法は色々ある

大相撲を生やテレビ放送で観戦する際には色々な見方があります。本場所では朝早くから序ノ口力士など番付が低い方から順に取り組みが進み、実に9時間程度相撲を見ることができます。1日当たり約160番の取り組みがあり、テレ ...

相撲を楽しむ

大相撲は、NHKの総合テレビで午後3時ごろから3時間、衛星放送で午後1時から5時間放送されていますが、国会中継や高校野球のような他のスポーツ中継などが入った場合は短縮されて最短だと50分程度です。実際には1日の本場所の興行は朝8時45 ...

相撲を楽しむ

力士も人間なので、キャラクター性が1人1人異なっていて、それらの個性や強さなどによって人気が出るか否かが決まってきます。

力士プロフィール – 千代丸 一樹 – 日本相撲協会公式サイト

相撲を楽しむ

テレビ番組などで、相撲をテーマに取り上げたもので、たびたび贔屓力士を持った方が相撲を面白く見られると力説する親方やファンを目にすることがありますが、私は別にそのような必要はなく、むしろ変わっていく方が自然ではないかと私は思います。ちな ...

相撲を楽しむ

相撲、とりわけ大相撲の世界では相撲を実際に取る力士だけに注目されがちですが、実は他にも多くの人達が活躍しています。まず、大相撲では力士は日本相撲協会の構成員という位置づけにされています。構成員は一般の会社の社員と捉えればよいかと思いま ...

相撲を楽しむ

ちゃんこ鍋とは相撲部屋で食べられている鍋料理のことをいいますが、この名前の由来は色々ありまして、例えば父ちゃん・おっちゃんなどの「ちゃん」と東北地方の方言の語尾につく「こ」がついたからという説や、中国の事を「チャン」とよび、中国語で鍋 ...

相撲を楽しむ

まず、大相撲は本場所の成績を基準にして力士や行事・呼出・床山などの裏方と呼ばれる人たちも含めて番付や階級の昇降を決めており、この本場所は1・5・9月に東京、3月に大阪、7月に名古屋、11月に福岡で15日ずつ開催されています。その近くに ...